ページの先頭です
コンテンツエリアです
完全予約制 お電話番号 072-240-0418 072-240-0418

診療時間 9:30~12:00 / 14:30〜19:00

※土曜日の診療受付時間は 9:00~14:00 となります
※休診日:日曜・祝日






完全予約制

【通常診療】
月曜~金曜 AM9:30~PM12:00/PM2:30~PM7:00

※土曜の診療受付時間は AM9:00~PM2:00 となります
※休診日:土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ
予約はこちら
お電話番号 0722400418 0722400418







初診 再診
受付診療時間

完全予約制

【通常診療】
月曜~金曜 AM9:30~PM12:00/PM2:30~PM7:00

※土曜の診療受付時間は AM9:00~PM2:00 となります
※休診日:土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ
予約はこちら
お電話番号 0722400418 0722400418

スタッフブログ



ますだ歯科の日常ををご覧いただけます

スタッフブログ Staff Blog

2020.01.31

高齢者負担2割へ。医療費の引き上げはどこまで進むのか?

政府が75歳以上の高齢者が病院にかかる際の自己負担を1割から2割に増やす案について検討しています。今回は高齢者の自己負担引き上げですが、年金と同様、日本の医療財政は逼迫しており、現役世代の負担増加についても議論が始まっている状況です。これからはお金がないと病院にかかれない時代になってしまうのでしょうか?

 日本の医療は国民皆保険制度となっており、原則として全員が何らかの公的医療保険に入らなければなりません。日本の医療制度は世界でも稀に見る内容で、医療という点では、わたしたちは世界でもっとも恵まれていると思ってよいでしょう。

例えば米国では、低所得者など、一部の国民を除いて一般的な公的医療保険制度がありませんから、病院の受診は原則として自費になります。これは、歯科においても同じです。

しかしながら、これだけ立派な医療制度を運営していくのは並大抵のことではありません。

当然ですが、制度の維持には莫大なお金がかかっており、近年、財政の悪化が深刻化している状況です。これまで原則1割だった75歳以上の自己負担を2割に引き上げようとしているのはそのためです。近い将来、ほぼすべての人が3割の自己負担となり、さらに自己負担率が引き上げられる可能性も否定できないでしょう。

そういった負担を減らすためにも、自ら病気にならない予防の必要性を各々が重要だと感じなければならないのかもしれません。

Dr Kiyohara

《 前へ 次へ 》