三月二十日に出席予定の講習会は、『歯の冷凍保存セミナー』です。歯の冷凍保存?といってもピンとこないと思いますが、比較的健康な状態で抜いた親知らず(8番目の歯)や、矯正治療のために抜いた小臼歯を冷凍保存しておいて、将来他の歯がダメになった際にその部位に移植すると今まで通り噛めるようになるという画期的な治療です。移植後2ー3日で普通の食事ができるようになります。歯根膜が再生されるので、普通の歯と同じ噛みごたえが得られるのがメリットです。(インプラントは骨と人工歯根自体が結合してます)その《歯の銀行》提携医院に認定されるように研修と試験を受けてきます。健康保険は適用されないですが、『歯を守る』観点では非常に注目の治療法ですね。
            http://www.dc-masuda.com/m/