9月23日(水曜)

今日のは20時からNHK 『ためしてがってん』で 知覚過敏についての特集をしておりました。

ご覧になった方も、たくさんいらっしゃったとおもいます。

最近、「虫歯でなさそうなのに歯がいたい、しみる」 「歯がしみるけど、虫歯?」と主訴が確定せず

ご来院なさる方が多くいらっしゃいます。

それはまさに【知覚過敏】です。  正式名称【象牙質知覚過敏症】、そうです、歯質の内部に近い

象牙質 が感じているのです。

番組でおっしゃっていた通り、普通歯の表面はエナメル質という、固い知覚のないもので覆われています。しかし、歯ぎしり食いしばりなどで歯の横の部分が欠けてしまい、象牙質部分がむき出しになってしまうんです。

象牙質は顕微鏡レベルでは穴があいており、神経とつながっています、とおっしゃっていましたね。

だから冷たい水を飲んだ瞬間などに き~んとするんですね。

ということは、歯ぎしり食いしばりを防げば 知覚過敏は減るということですね!!

(続く)  急いで聞きたい方は診療中に各ドクターに質問してくださいね。

丁寧にご説明致します。。。

 

堺市北区中百舌鳥町2-56   なかもず駅前の歯医者 ますだ歯科