今年の鏡開きは1月11日です。

この日にちは、地域によって違ったり、土日祝日の関係で異なることもありますが、

 一般的に1月11日が鏡開きの日とされています。

とはいえ、関西では1月15日に行われることが多く

京都や近隣の一部の地域では、1月4日に行われます。

鏡開きの変化

鏡開きは“松の内”が終わった後、1月20日に行われていましたが、

 徳川家光が亡くなったのが4月“20日”で、 1月“20日”を忌日として避け、

1月11日に行う風習が、徳川幕府のある関東を中心に広まりました。

この風習が正確に広まらなかった関西の地域が、 1月15日に鏡開きを行っているようです。
松の内・・元々、全国的に15日だったところを、関東は1月7日、関西は1月15日までになり、

その影響で鏡開きが1月11日に変更、 松の内の期間のうちに鏡開きをするようになりました。

鏡開きの意味?

 

鏡開きとは、お正月に神様、仏様に供えていた鏡餅を下げ、 それを食べるという風習です。

神様に供えた食べ物には力が備わると考えられ、 神様や仏様に感謝しながらそれを食べることによって、無病息災を祈願しています。

鏡開きのマナー

 


   鏡餅を包丁で切るということは、切腹を連想させるので、

   マナーに反すると考えられています。

  鏡餅は、一般的に木槌で開くことが縁起が良いとされています。

 

 

 

食べてはいけない時期

お正月は年神様をお迎えする行事で、その年神様の依り代となるのが鏡餅です。

だから年神様がいらっしゃる間は食べてはいけません。

鏡餅は絶対食べなきゃいけないの?

鏡餅を飾っておくだけだと、年神様にお供え物をしたにすぎず、鏡餅は単なるお供え物というよりも、

年神様が宿るところだと考えられているため、鏡餅を開くことで年神様をお送りし、

お正月に一区切りつける意味があります。

また、年神様の力が宿った鏡餅をいただくことでその力を授けてもらい、1年の一家一族の無病息災を願います。

供えて、開いて、食べてこそ鏡餅の意味がある、それが鏡餅です。

 

 

 

 

夜8時まで診療の大阪・堺  泉北の歯医者さん「ますだ歯科」

痛くない麻酔が嬉しい、保育士が常駐しているのでママの治療も安心です♪

 

大阪市営地下鉄 御堂筋線「中百舌鳥駅」より徒歩1分!! 南海高野線、泉北高速鉄道「なかもず駅」より徒歩1分!!

ご予約、お問い合わせはコチラまで

 

072-240-0418 ますだ歯科

HPはこちらです☆ http://dc-masuda.com/