歯の脱臼について 歯の脱臼とは外力によって歯を骨(歯槽骨)に固定している組織(歯根膜)が断裂することを歯の脱臼と言います。脱臼には歯が骨から完全に抜け落ちてしまうような完全脱臼と一部の歯根膜が断裂してしまう不完全脱臼があります。 治療方法は歯の割れや骨折がないかレントゲンで確認し歯が抜け落ちてしまった場合や動揺していて、残せると判断した時は両隣の歯と固定します。 残せない場合は、残念ながら抜歯対象となります。 乳歯と永久歯で違いはありません。3から4週間程で歯が黒く変色することがあります。その場合は 神経が死んでいるので神経の治療が必要です。 脱臼してしまった時の緊急処置 再植がうまくいくためには歯根膜が生きていることが重要です。口の外に落ちてしまった場合最もよい方法は少し水で洗い元の位置に戻してみることです。戻せないなら口の中に保存するか牛乳が手に入るなら牛乳の中に保存します。できる限り早急に歯科医院を受診しましょう。 堺市北区なかもず駅前の歯医者、ますだ歯科