正しい歯磨きの基本は、歯肉を傷つけずに歯垢(プラーク)を落とし
歯ブラシを左右に細かく動かす磨き方です。
虫歯予防には毎日のケアが大切です、今日から早速実践して下さい!

 
歯磨きレッスン

歯磨きレッスン

1.歯ブラシは濡らさない!


歯磨きレッスン

歯を磨く前につい何となく歯ブラシを濡らしていませんか?実はこれは良くない磨き方です。
濡らすとあっという間に泡立ってしまうので、長時間磨けません。
洗った後、水気をとった乾いた歯ブラシにフッ素入りの歯磨き粉をつけて、
奥歯から順番に磨きましょう!!


2.歯ブラシは鉛筆を持つ時と同じで!


歯磨きレッスン

歯肉を傷つけない、力が入り過ぎない鉛筆持ちがおすすめです。
親指と人差し指で、歯ブラシの柄を挟むように軽く持ちます。


3.歯の表面はブラシを直角に当てる!


歯磨きレッスン

歯の表面を磨く際は、歯ブラシを正面に当て、一本の歯につき20回以上磨きます。
歯ブラシを左右に動かす距離は1~2mm程度でOKです。
細かく振動させて、少しずつ移動させます。


4.歯周ポケットは、45度の角度で!


歯磨きレッスン

歯と歯肉の境目の歯周ポケット付近は最も汚れがたまりやすい場所のひとつ。
歯ブラシを45度に当てて、細かく振動させましょう。
1箇所につき20回程度を目安に繰り返しましょう。


5.毎食後に3分以上磨く!


歯磨きレッスン

食べたらそのつど磨くのがベストですが、
忙しくて無理な人は1日最低1回、5分以上磨きましょう。


6.歯ブラシは毛が密で平らなものを!


歯磨きレッスン

硬さは『普通』か『柔らかめ』、ヘッドの大きさは下の歯4本分が目安です。
毛先が広がって弾力がなくなったら、新しいものに交換します。


7.最後のすすぎは、コップ1cm程度の水で30秒!


歯磨きレッスン

フッ素入り歯磨き粉で磨いても、最後に何度もすすぐとせっかくのフッ素が流れてしまいます。
すすぎ水は1口分で30秒だけゆすぎましょう。
歯ブラシだけでは落としにくい歯と歯の間の汚れには、
歯間ブラシやデンタルフロスなどの使用をおすすめします。

歯磨きレッスンイメージ
虫歯予防には毎日のケアが大切。今日からさっそく実践してみましょう!
もっと詳しくレッスンを受けたい方は大阪堺市なかもずのますだ歯科へお問い合わせください。

問い合わせ先

大人の虫歯は子供とは違う!

大人には大人の虫歯のなり方があります。
そのほとんどが治療済みの歯におこるものです・・・

子供の虫歯のように表面から虫歯になるとは限らず、昔の虫歯治療で入れた詰め物や被せの脇から少しずつ進む為気付かないことが多く、気が付いたらかなり深く虫歯が進行しているケースもあります。もしそれが神経を抜いている歯であれば、どんなに進行していても痛みは感じません。

『治療が済んだから大丈夫♪』という油断は大敵!
あなたの詰め物、被せ物の周辺は大丈夫ですか・・・?


心配な方は大阪堺市なかもずのますだ歯科へお問い合わせください。

※子供さんには担当の衛生士がゆっくり丁寧にお教えします。