『食育』
 
 新聞より
 
「ファーストフードやコンビニの普及で子供たちの食と健康が脅かされている」
と言われて久しい。
そのため、食育の大切さが叫ばれ、昨年6月には 『 食育基本法 』 という法律もでき、
食育に関心を持つ人が多くなったことは大変喜ばしい。
子供の頃に味覚が麻痺すると悪い食習慣が身についてしまい、肥満・高血圧・糖尿病などの生活習慣病になりやすい体になってしまう。
では、今の子供たちの食育に何が必要なのだろうか。
 『まごはやさしい』の食事を心掛ければいいようです。
 「ま」    豆
 「ご」    ごま
 「は(わ)」 ワカメなどの海藻類
 「や」    野菜
 「さ」    魚
 「し」    椎茸などのキノコ類
 「い」    イモ類
   日本食の良さを見直し、1日1回は伝統食をしっかりとり、『健康で明るく楽しい生活』を送れるように 心掛けていきたいですね。