オゾンナノバブル水による歯周病治療を始めました。

オゾンナノバブルがいろんな分野で注目を浴びています。


オゾンナノバブル(酸素ナノバブル)の泡の大きさは、直径1/10000㎜で泡でいうと世界最小です。
今までは、マイクロバブルといのが一番小さかったのですが、それでも1/100㎜でした。
通常の目に見える泡というのは0.5㎜なんだそうです。
では、どうやってこのナノバブルはできるのでしょうか。
作り方は難しくはなく、ミネラルを含んだ天然水に特殊な刺激を与えます。
この特殊な刺激というのは、竜巻の渦の水流をつくり、その作用により、水圧が変化するため、泡が発生します。
そして、プラスイオンとマイナスイオンがその発生したナノバブルを取り囲み、泡が壊れにくくなります。
これがオゾンナノバブルです。
そして、この泡には通常のものと大きな違いがあります。
それは、気泡が小さすぎるために、泡が水中で上昇せず水に溶け込みやすいという特徴があります。