200701082257000.jpg
無気力で疲れやすく、集中力が続かない若者の増加について、
その原因が『歯の退化』にある可能性が群馬県の歯科医師の調査でわかった。
歯列の異常は全身の骨格や筋肉の歪みを引き起こし、運動能力の低下だけでなく、
精神をむしばむという。
不登校やニート状態の若者の増加の一因とする専門家の指摘もあり、
『歯をきっちり育てないと心身ともに虚弱になり、社会に適応できない若者が増える恐れがある』
と話している。