保険で本当に大丈夫? 銀歯に注目してみよう!



もし奥歯に被せ物をしなければならなくなったらあなたならどちらを選びますか?

保険の銀歯? 自由診療の自然な歯?「銀歯」を選択された方、



その理由は?と尋ねるとほとんどの方がこれら4つの中にあてはまります。



 1. 笑っても見えないから。



 2. 見た目は気にしない。



 3. 費用をおさえたい。



 4. 保険適用素材



 5. 体に悪い事はない筈、など。



悩み



医療は保険でというのが当たり前の日本、何も考えずに「保険」を選ぶ傾向も多いのが現状。

けれど当院では「保険希望」の方にも保険外の素材についてお話をしています。

その理由はただひとつ、



歯を長く大切にしてほしいから。





歯はむし歯などで傷んでしまったら、削ってしまったらもう元には戻りません。

もちろん神経も同じ。とったら元には戻せないのです。



だからこそ私たちはできるだけ歯を削りたくありません。

神経も取りたくありません。



自由診療となりますが歯を少しでも長く使える治療法をおススメしているのです。

自由診療の良さは、より良い診療を受ける選択肢であり、権利です。

保険では決められた治療法しか受けることができません。



なぜ?それは…

「保険診療」の役割は、必要最低限の治療で「歯の機能をとりあえず回復させる」こと。

自然な美しさ、今後のむし歯のなりにくさ、歯垢のつきにくさ、変色(着色)など、



それらに重きを置くのではなく、今あるむし歯を治療して歯の機能を回復させること…それだけです。

対して「自由診療」はもちろん審美性の高さも魅力ですが、

一番の魅力は歯を長く大切に保つために用意された選択肢だということ。



 
銀歯ってどんなもの?




メリットは、保険適用のため費用が安い。金属なので強度がある。

ならデメリットは?目立つ。金属アレルギーになる可能性がある。



お口の中は高温多湿、金属が錆びていくのを踏み止まらせることはできません。

経年使用で金属が錆びて溶け出し、歯や歯ぐきの変色を引き起こしたり

歯との適合性を悪化させ、そこに入り込んだむし歯菌が詰物の中で繁殖、



知らないうちに2次むし歯に。



メリットで挙げた強度についても危険な落とし穴が!



天然歯の強度は「400Mpa」



金属歯の強度は「800〜900Mpa」



その違いは、噛んだ振動が歯に伝わり、歯根に負荷を、

そしてその比重の大きさは歯を支えている歯根膜を痛めやすくします。



噛み合う対合の天然歯は金属に負けて歯ぎしりなどの癖のある方は

大切な天然歯が痛んでしまう恐れも。



自由診療なら天然歯に近い素材「オールセラミック」も選択可能。

強度(400Mpa)、傷つきにくく金属アレルギーの心配もない。

透明感、自然さ、歯の細かい部分の微妙な色合いの再現など美しさはダントツ!



セラミストが持つ技術を全て注ぎ込んだ人工臓器です。

工程と手間、高品質な素材、歯科医が形成した土台により適合するよう収縮率も考えて作製されています。

技工士自らが行う口腔内撮影、ステイン着色技術等きりがない「こだわり」の歯。

当院は歯科医院として将来性も踏まえた知識をご提供し



患者様ご自身がご納得いただいた上で

 「後悔のない治療」を進めていきたいと考えております。




一般的な保険診療の銀歯「アマルガム」の危険な理由



アマルガム



夜8時まで診療の大阪・堺  泉北の歯医者さん「ますだ歯科」

痛くない麻酔が嬉しい、保育士が常駐しているのでママの治療も安心です♪



大阪市営地下鉄 御堂筋線「中百舌鳥駅」より徒歩1分!! 南海高野線、泉北高速鉄道「なかもず駅」より徒歩1分!!

ご予約、お問い合わせはコチラまで



072-240-0418 ますだ歯科

HPはこちらです☆ http://dc-masuda.com/