パソコン病 という現代病が流行しつつあるとのことです。 パソコン病”という言葉を知っていますか?  体の痛み、脱力感、ふらつき…このような症状を訴える人が最近急激に増加中だという。 「パソコンの見つめ過ぎから起こる不調」など、パソコンに端を発した病変をさすこの“パソコン病”。 仕事で長時間パソコンを使っている人なら、思い当たる人もいるのでは?  “パソコン病”を提唱するTH整骨整体院の外山院長がおっしゃるには、“パソコン病”はつまり“脳の疲労”。 最近は、体を痛めてではなく、この“脳の疲労”で来院する人が多くなっています」とのことです。 さらに、パソコンだけでなく、意外な物も影響しているという。 「流行の3D映像やテレビの影響も考えられます。若年化も進んでいて、小学生の来院者がいるほどです」とのこと。 ますだ歯科でもよく似た症状でご来院なさる方がいらっしぃます。 「症状は大きく分けて2つ。“呼吸不足による症状”と“偏った眼球疲労による症状”です」 「呼吸不足による症状」の原因は、パソコンを長時間使用する際に“息を詰めている”ことにあるという。 舌が口の中でリラックスできず、緊張してこわばっている状態だ。 そうなると“十分に呼吸ができていない”状態に。 舌を上あごや下の歯に押し付けてしまう人もいるのだそうだ。 パソコンの画面に意識が集中することによって起こるのだが、こうなってしまうと、喉の奥で起こっている“呼吸に関する緊張”を緩めなければならないそう。 また「偏った眼球疲労による症状」は、パソコンの画面を見る時の眼筋運動に原因が。ある一定方向への偏った眼球運動によって、眼筋が負担を感じて疲労する。 それにより、体部の筋肉、特に腰部の筋肉にその影響が現れ、最終的には体全体に負担をかけてしまうという。 「パソコン上での急速な画像の展開を、眼は追い掛けていても脳がついていけてないから疲労するんです」だそうです。 自分でもできる予防法としては、仕事以外の時間にパソコンを見ることを極力控えること、規則正しく生活し、夜はしっかり睡眠をとって疲労を取ることなど。 ただ、症状が重くなった場合はやはり専門家に診てもらった方が良いそうだ。 症状を取り除くには個人差があるものの、ひどい場合は治療に3~6か月かかるという。 ますだ歯科でも、いわゆるパソコン病や顎関節症に対し、相談や診断に応じますのでお気軽にお問い合わせください。 堺市北区中百舌鳥町2-56  ますだ歯科