******************** ちょっと気になる歯のおはなし ***********************

 

むし歯があるとスペースシャトルシャトルに乗れない!?

 

 遥かなる宇宙への旅。想像するだけでロマンが掻き立てられます。

宇宙飛行士は「健康な体」以外にも「健康な歯」が大切な要素です。

そんな宇宙飛行士の選抜基準には「むし歯がないこと」があげられています。

宇宙空間ではむし歯になりやすく、任務に支障をきたすという理由です。

 残念なことに、歯が健康な人でも宇宙空間ではむし歯になりやすいそうです。

その原因は…

 

1. 宇宙食はやわらかく歯にくっつきやすい

2. 無重力状態では、口の中の唾液も浮いてしまい。地上と違ってむし歯菌が

  唾液で洗い流されない。

 

 むし歯が進むと神経の炎症が起こり、ガスが発生。この圧力が痛みに影響しています。

宇宙に飛び立つと、宇宙服の中では気圧が0.3まで低下。気圧低下と相対的に歯の内部の

圧力が高くなるため、歯が痛くなるというわけです。

 

 これは、飛行機でも同じ。空気は5000mあがるごとに半分になります。飛行中は、

気圧が約20%低下。スナック菓子の袋が膨れたりするのはその影響です。

 

 宇宙飛行士だけでなく、パイロットや客室乗務員にとっても歯の治療はとても重要。

地上でわずかな痛みでもあれば、上空では痛みはさらにひどくなる可能性が高いといえます。

 

 ロシア宇宙船の救急医療セットには、抜歯の道具まで入っているそうです。もし、宇宙で

親不知が疼いたら…まず、痛み止めの薬。効かなければ他の宇宙飛行士が歯を抜くため、

宇宙飛行士の訓練に「歯を抜く」項目があるそうです。

 

 また、総入れ歯だと宇宙飛行士にはなれません。 NASAの規定には、

万一入れ歯が壊れた場合でも普通食を噛み、明確に発音できることとあるためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「大阪 泉北 堺市なかもずの痛くない歯医者さん」

なかもず駅より徒歩1分!ますだ歯科は夜8時まで歯科保育士が常駐しています。