歯を守る為に早めに治療しよう!ますだ歯科のPMTCや3DSについて。

~虫歯・歯周病を予防する~

歯を守るために早めに治療(受診)しよう

プラークコントロール

お口の汚れはいつの間にか溜まっています。
普段しっかり磨いているつもりでも、歯ブラシで磨きづらい場所や、磨き残しが原因で歯周病が進んでしまうことがあります。いつまでも健康な歯で過ごしていただけるよう、定期的なクリーニングやブラッシング指導など、患者様お一人お一人に合わせた口腔ケアを行っております。
当院で一通り治療が終了した方、または現在虫歯がない方を対象に、今後虫歯・歯周病にならない・かからないよう、新しい予防システムを導入しました。

「PMTC」専門家による機械を使った歯面清掃

歯科医師や歯科衛生士などの専門家が、ブラッシングだけで落とせない歯の汚れや歯と歯茎の溝(ポケット)をラバーカップやポリッシングブラシなどの専用の機械を使って歯面に付着したプラークやステイン(着色)を徹底的に除去、磨き上げます!

使用するペーストは様々で患者様一人ひとりにあったものを使用します。
PMTCによって歯本来の色より白くなることはありませんが、もともと歯が汚れている場合にはかなり色が白く感じられます。

※PMTCとは・・・P:プロフェッショナル M:メカニカル T:ティース C:クリーニング の略です。

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡

口腔内には500~800種類の細菌が生息しています。
このような口腔内細菌が歯周病のように菌を失う原因となってしまいます。
ますだ歯科では患者さんの口腔内にあるプラーク(歯垢)を採取し位相差顕微鏡で
どのような菌が生息しているか検査し歯周病などのリスクを
調べることができます。


虫歯はお口の中の虫歯菌が私達の食べた食物をエサにして強い酸を出し、その酸によって歯が溶けてしまう病気です。虫歯になりやすい人となりにくい人がいます。自分がどちらのタイプかをしっかり理解し、自分にあった対策を考える目安になるのが「カリエスリスク検査」です。この検査は小さなお子様から大人まで、幅広い年齢の人にお試し頂けます。
特に小さなお子様をお持ちのお母様、口移しで食べ物を与えると虫歯菌が移ってしまうのを御存じですか??
まず、カリエスリスク検査を正確に行うためには、唾液を調べる必要があります。唾液を調べると虫歯菌の量と唾液の量と質が分かります。

Q.自分ではできないのですか?

歯の周りにはバイオフィルムという細菌が作った膜があり、目に見えない歯の汚れやポケットまでは普通のブラッシングでは除去できません。
1回~2回のPMTCでも容易に除去できないので、プロのテクニックと専用の器具が必要になってきます。

Q.バイオフィルムって?

A.虫歯の原因であるミュータンス菌に砂糖が供給されると、多糖体(グルカン)が作られ歯の表面に張り付き、次第に分厚く膜が形成されます。これをバイオフィルムといいます。

Q.虫歯と関係があるのですか?

A.バイオフィルムがついたまま酸性の状態になると、エナメル質の破壊が進行し虫歯になります。
バイオフィルムが除去されると傷ついたエナメル質が再石灰化により修復され虫歯になりません。

Q.PMTCって痛いですか?

A.柔らかいブラシとゴムでできたカップなどを、歯に当てて回転させることにより汚れを取除きますので、痛みを伴うことはありません。

Q.PMTC終了後の注意はありますか?

AA.30分間飲食は禁止です。より効果を持続させるためにもうがいも控え、溜まった唾液を吐き出してください。
なお、30分経てば普通の生活で結構です。

Q.1回でいいのですか?

A.定期的にご来院いただき、PMTCを受けることをおすすめします。
ご家庭では除去できないプラークを徹底的に除去し、歯の表面をツルツルにし研磨して、プラークの作りにくい環境をつくることで、虫歯・歯周病菌の予防効果を高めることが出来ます。

Duraphat

Duraphat

虫歯の進行を止める画期的な新開発のお薬です。歯に塗って浸透させることにより、 初期虫歯の進行が止まります。子供さんで泣く、わめく、暴れる等で治療が十分にできない際に発揮します。 従来の薬では銀の作用で歯の表面が黒くなっておりましたがこのお薬は変色しません!!!

ますだ歯科では3ヶ月に一度の受診をお勧めしております

カリエスリスク検査

~虫歯のメカニズム~

虫歯はお口の中の虫歯菌が私達の食べた食物をエサにして強い酸を出し、その酸によって歯が溶けてしまう病気です。

虫歯になりやすい人となりにくい人がいます。自分がどちらのタイプかをしっかり理解し、自分にあった対策を考える目安になるのが「カリエスリスク検査」です。
この検査は小さなお子様から大人まで、幅広い年齢の人にお試し頂けます。
特に小さなお子様をお持ちのお母様、口移しで食べ物を与えると虫歯菌が移ってしまうのを御存じですか??

まず、カリエスリスク検査を正確に行うためには、唾液を調べる必要があります。
唾液を調べると虫歯菌の量と唾液の量と質が分かります。


ミュータンス菌

虫歯菌の量・・・
ミュータンス菌の測定
→虫歯の原因となる菌がどれくらいいるか分かります。
唾液の量と質・・・
唾液緩衝量の測定
→唾液がもつ、虫歯から歯を守る力の程度が分かります。

~検査の流れ~

検査は簡単です!アンケートに答えてガムを5分間噛むだけ。

  1. 食生活や歯磨き習慣について聞き取りをします。
  2. 5分間ガムを噛みながら、唾液を出します。
  3. 試薬と唾液を反応させて、虫歯菌の量と唾液の質を調べます。
約20分後

「虫歯菌の量」「歯を守る力」「食生活習慣」には個人差があり、コントロール方法や虫歯の予防方法は人それぞれ違います。
その方にあった対策を効果的に実行すれば虫歯になりにくくなります。
当院では患者様に合った対策を考え、虫歯菌になりにくい環境を作るお手伝いさせていただきます。

虫歯予防はキシリトール、歯周病予防はバクテリアセラピー

キシリトールの効果

キシリトールと聞いて虫歯予防に役立つアイテムと知っている方は多いのではないでしょうか?でもその作用をご存知ですか?

キリシトールの効用は大きく二つあります。
ひとつはお口の中のミュータンス菌を減らす効果、もう一つは唾液の分泌を増やす効果です。
唾液が増えれば歯の表面にあるエナメル質が丈夫になり、強く健康な歯を作ってくれるのです。
歯磨きする時間がない時に利用したり、飴を舐めるかわりにキシリトール配合のガムやタブレットを食べてみてはいかがでしょうか。

バクテリアセラピーの効果

バクテリアセラピーとはノーベル生理学・医学賞審査本部が産学協同開発した
口腔内菌を管理する新しい方法です。

乳酸菌 L.ロイテリ菌

バクテリアセラピーに使用される、ヒト母乳由来のプロバイオテクス

1. ヒト由来の定着性の良さと全身疾患に応用できる多機能性
2. 天然抗生物質をつくる優れた力
3. 免疫システム全体に働きかける力
4. 反作用・副作用が一切ない安全性
5. 国際的な臨床利用実績と科学的根拠の確かさ

歯周病菌を特別な乳酸菌で除菌します。
SRP(歯茎のお掃除)実施の有無にかかわらず、歯周病菌は90%以上除菌できることが
確認されており、さらにSRPとの併用で歯周ポケットの改善が加速することが
確認されています。口腔内だけでなくアトピーの抑制やピロリ菌感染性胃潰瘍発症の抑制
便秘も改善されたとの報告があります。

詳しく知りたいという方はスタッフにお気軽にご相談ください。

電動歯ブラシとは?

皆さんからよく『電動歯ブラシっていいですか?』という質問を頂きます。

①高速運動電動歯ブラシ

高速運動電動歯ブラシ

小型モーターを利用し、毎分2,500~7,500回のブラッシングストロークが出来ます。
ストロークの形も回転や反復などさまざまです。
手用ハブラシでは行いにくい動作が可能です。

②超音波歯ブラシ

超音波歯ブラシ

人間の耳には聞こえにくい音波、超音波を利用し、歯とプラークのつながっている部分で弱めてプラークを除去しやすくします。
口腔内の細菌に直接作用し、破壊するといわれています。

③音波歯ブラシ

音波歯ブラシ

毎分3万回の音波振動でプラークを除去します。
音波が唾液などの水分を介して毛先から離れた歯垢も除去できるといわれています。

電動歯ブラシの欠点利点

利点

ブラッシング時間が短くてすむ
歯と歯の間や歯茎の溝など毛先が届かない部分の歯垢も落とせる。(音波、超音波歯ブラシ)
毛先が当たっていればハブラシが独自で振動するので手の疲労が少なくてすむ。
ハンドルが太くて持ちやすい。

欠点

手用歯ブラシに比べて重い
歯ブラシ本体の価格が高く替え歯ブラシも高価
充電して使用しなければいけない
歯や歯ぐきを傷付けることがある。(←強く当てると駄目ですよ)

電動歯ブラシがむいている

手用歯ブラシがうまく使いこなせず、ブラッシング指導を受けても向上しない人
手が不自由など、手用ハブラシの使用が困難な身体障害者
要介護者や高齢者の口腔ケア
矯正装置を装着している人
忙しい人や面倒くさいなどブラッシングの習慣がなく口の中の衛星に関心が低い人。
ブラッシングを嫌がる子供さんにおもちゃ感覚で使用することでブラッシングに関心をもたせる。

☆歯磨きは『強すぎず/1本1本丁寧に/毛先を的確に当てる』ことが大事です。
フロス・糸ようじ・歯間ブラシなども積極的に使用してくださいネ。