ますだ歯科 公式サイト | 大阪・堺 なかもず駅前の歯医者さん

大阪 泉北 堺市なかもずの痛くない歯医者さん、ますだ歯科は夜8時まで歯科保育士が在中です。
文字の大きさ:

入れ歯治療

保険、保険外義歯 など多彩な義歯メニューをご用意しております。
快適な義歯生活を送れるようお手伝いいたします

新しい義歯(入れ歯)が誕生しました!

独創的なアイデアと新技術によって生み出された義歯(入れ歯)ミラクルデンチャー

ミラクルタッチと呼ばれる維持装置を使った、これまでにない新しい発想の次世代部分入れ歯です。
義歯(入れ歯)を装着している感覚がほとんどありません。
自分の歯で噛んでいるような食感がよみがえります。
「入れ歯をすると味がわからない」という悩みからも解放され、
「イカ・たこ・肉が無理なく噛み切れる」「堅いおかきが食べられる」「長くつけたまま生活できる」「うっかり寝てしまって24時間つけっぱなしになっても苦痛を感じない」と大好評です。
歯の喪失でインプラントをと考えていた20代から30代の患者さんもミラクルへの志向が増えています。
ではミラクルデンチャーについてご紹介します。

ミラクルはミラクルタッチ(維持装置)を使った部分入れ歯です!
使用例 1
Before
Before
After
After

上顎の入れ歯口蓋部分(床の部分)がないので食感が伝わりやすく、本来の味わいが楽しめます。

使用例 2
Before
Before
After
After

表面と固定装置(クラスプ)が出ないため、義歯とわかりにくい仕組みなので口元がすっきり

ミラクルってどんな仕組み?

ミラクルでは義歯の装置がかかる歯そのものに、余計な力が加わらない仕組みとなっています。
そのためその装置がかかる歯とミラクルが一体化し、固定、保護されて安定感が生まれるので、24時間、入れたままにしていても苦痛がありません。歯がなくなると周りの歯は、その部分をおぎなおうとして、前と後ろの歯は倒れ込み、上や下の歯は伸びてきてしまいます。入れ歯をすることは残存歯の延命としても期待できます。
また広い床(口蓋部分)を必要としないために義歯による味覚の異常は少なく、本来の食感や味わいが楽しめます。

どんな工程で何日かかる?

ますは患者さんの疑問や質問等をじっくりとお聞きし、残存歯の状態・あごの状態・既存の入れ歯の具合などを診断した後、最適な治療方法をご説明します。
問題なければ「型取り」と「噛み合わせ」を済ませ、10日前後で専属のミラクルラボにて作製します。
装着にあたっては問題なくなるまで細部にわたって微調整を行います。

インプラントとどこが違う?

インプラントにするためには骨の状態・体質・年齢などいくつかの条件がそろう必要があります。
改良が進み欠損部の骨の状態がよくない場合にも、骨の造成後に施術する技術が開発されていますが、全ての患者さんに適応できる訳ではありません。
また手術にはある程度の疼痛や精神的負担があり、治療期間も比較的長く、経済的負担も少なくありません。
一方ミラクルは残存歯を最大限利用し、特に手術をする必要もなく、治療処置は通常の歯科治療の範囲で、治療期間も短く費用も比較的少なく済みます。

インクラスプデンチャーはミラクルでも可能ですか?

可能です。ミラクルは独特の装着法により義歯が入ります。
従来のノンクラスプデンチャーよりも小さく作製されています。
症例によって金属部のない設計は可能ですが、金属による補強をした方がタワミも無く、しっかりと噛めます。
ですから金属アレルギーがない場合には、金属の特性を生かした方がより良いと考えています。

健康保険は適用できる?

健康保険対象外ですので、自費扱いとなります。

1本の歯さえあれば治療できる?

はい、出来ます。

またこのような患者さんにも最適です。
  1. 現在使っている入れ歯では、うまく噛めない。
  2. 違和感があってすぐに外してしまう。
  3. 歯や歯茎に痛みを感じる。
  4. 金具部分が目立って他人に見られるのが恥ずかしい。
  5. 今まで作った義歯に一向になじめず、不信感を持っている。

このような悩みをお持ちの方は是非ご相談下さい。

はめたまま寝てしまっても痛くないって本当?

本当です。もし24時間つけたままでいても苦痛は感じにくいです。

 

ミラクルデンチャー10大魅力
  • 1本の歯さえ残っていれば装着できる。
  • ほとんどの食べ物を噛める。
    (おかき、お餅、ごぼう、こんにゃく、たこ、するめ等々)
  • 義歯の下に食べ物が入りにくい
  • 自分の歯と錯覚するくらい軽く、はめたまま眠っても苦痛を感じにくい。
  • 設置の金属が目立たないので、義歯をはめていることが他の人から見てわかりにくい。
  • 現在義歯をはめている方はもちろん、初めての方でも違和感が少ない。
  • 口元の緊張が無くなり、自然な顔立ちに戻ることが多い。
  • 上あごの床を広い範囲で取り除き、食べ物本来の味わいを取り戻すことができる。
  • 装着が残存歯の固定作用を発揮し、保護することも期待できる。
  • 慣れれば簡単に着脱できる。

(保険適応)レジンフルデンチャー

レジンフルデンチャー
樹脂でできた全顎入れ歯です。

(保険適応)レジンパーシャルデンチャー

レジンパーシャルデンチャー
レジンパーシャルデンチャー
樹脂と、支柱と歯の掛け金が金属でできた部分入れ歯です。
歯の掛け金部分に金属が少し見え、また、内側の樹脂に厚みがあります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー
一般的な部分入れ歯では、歯に金属のバネをかけなければなりませんが、 ノンクラスプデンチャーとはクラスプ(金属のバネ)のない入れ歯のことです。
バネがないため見た目が自然で、入れ歯と気づかれることが少なくなります。

金属床デンチャー

金属床デンチャー
金属床デンチャー
保険適応の義歯と違い、基盤として全体に各金属のフレームを使用しているため 義歯全体が一体となっていて装着時に適合性が良く、痛みが出にくいです。
また、レジン床と違って薄く熱伝導が良いため装着感が自然です。
コバルト

保険のレジン床のものに比べ、厚みが5分の1程度で、金属床3種類の中では1番お手頃な価格です。

チタン

金属床3種類の中で1番薄く作ることができ、粘着性のものがくっ付きにくい素材です。
また、金属アレルギーのリスクも低いです。

ゴールド

金属床3種類の中で一番熱伝導が良いです素材です。
また、耐久性・耐蝕性も一番高く、変色も少ない素材です。

コンフォートデンチャー

レジンフルデンチャー
入れ歯の裏面を生体用シリコンという弾力性のあるクッション性の高い素材で覆った入れ歯です。
柔らかい素材のため、噛んだ時の痛みが軽減することと、裏面の生体用シリコンが密閉性を生み出し吸着力が増し外れにくい特徴があります。
また、現在お手持ちの義歯に特に問題がなければそちらを使用してコンフォートデンチャーに作り替えることも可能です。