• マタニティ歯科
  • マタニティ歯科
  • マタニティ歯科
妊娠すると・・・
ホルモンバランスが崩れ、身体だけでなく精神面での変化もみられるようになります。治療は無理をせず、ご自身のペースで行いましょう。
当院では、担当医制やカウンセリングも行っておりますので、しっかり相談しながら治療を進めていくことが出来ます。
『歯周病チェックテスト』も受けてみてくださいね。

妊娠すると歯が悪くなる??<妊娠さんに起こりやすいお口のトラブル>

妊娠性歯肉炎・・・ホルモンバランスの変化によって歯肉の炎症が過剰に起こる。
だ液がネバつきやすくなり、分泌量も減るので虫歯や歯周病の原因菌が増加。
つわりによる口腔内の環境の悪化。

マタニティ歯科

治療の最適時期

マタニティ歯科

16~27週の安定期

当院では、初期・後期は応急処置にとどめています。

X線の体への影響

妊娠中に歯科のX線検査を受けても、胎児に大きな影響はありません。
しかし当院では、母体と胎児の健康を考えて、できる限り控えさせて頂いております。
念のため、治療を受けられる際は、産婦人科の主治医の先生にご相談ください。
当院では、初期・後期は応急処置にとどめています。

麻酔について

歯科治療で使用する麻酔は、帝王切開でも使用する麻酔ですので、ほぼ問題なく使用する事が出来ます。
むしろ、お痛みによるストレスの方が母体への負担となりますので産婦人科の主治医の先生に相談し
使用の了承を得られれば適量の麻酔薬を使用します。
お痛みを緩和する事でスムーズに治療を進めることができ母体への負担や胎児への影響を軽減できます。

歯周病の妊婦さんのリスク

妊娠性歯肉炎が重度化し、重度の歯周病になると早産・低体重児出産のリスクを高める可能性が
高くなる報告がされています。

大切な赤ちゃんのおくちを守るために-1歳からの虫歯予防!!!!

産まれてきたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌はいません。
感染ルートはほぼ、一番近くにいるお母さんです。だ液によって人から人へとうつっていくので、同じお箸や食器
を使うだけでも感染してしまいます。
お母さんに虫歯があると赤ちゃんへの虫歯菌感染の可能性も高くなってしまいます。
ですので、一番身近なお母さんのお口をしっかりお手入れすることで、赤ちゃんのお口の健康も守ることができるのです。
3歳までに菌の定着を防ぐことができれば、将来虫歯になるリスクがかなり低くなります。

マタニティ歯科

赤ちゃんのためにお母さんが今日からできること

  • 悪いところは治しておこう
  • ていねいに歯磨きしましょう
  • キシリトールを取り入れよう
  • フッ素入りの歯磨き粉を使いましょう


健康な歯は、お母さんが子供に与えることができる大切な財産の一つです。
確かな知識としっかりした予防を行うことで、お子さんが将来虫歯で困る事がなくなります。
赤ちゃんは、歯の萌え始めが予防の開始時期です。
歯が萌え始めたらお家でしっかりお手入れし、歩き始めたらお母さんと一緒に検診を受けましょう!!

当院では、保育士が常勤しております。
ご出産されてからも安心して赤ちゃんと一緒に通院していただくことができます!


詳しくは大阪堺市なかもずのますだ歯科へお問い合わせください。