• 一般歯科
  • 一般歯科
  • 一般歯科
  • 一般歯科
ますだ歯科でのダイアグノデントについて。
一般歯科とは、小児歯科・矯正歯科・口腔歯科といった特殊な歯の治療以外のむし歯治療や歯周病の治療、義歯の作成など、
通常患者さんが歯科医院に通院した際に受ける治療のことをいいます。
『歯周病チェックテスト』も受けてみてくださいね。

見かけだけでは分からない虫歯の進行

見かけだけでは分からない虫歯の進行

見かけ上はこんな小さな虫歯でもこんなに進行している場合があります。
手遅れになる前にますだ歯科で早めの治療を受けましょう!

歯を守る為に早めに治療(受診)しよう!

ますだ歯科では、小さな虫歯は1回でこんなに綺麗になります!

こんな黒ずんでいるだけとおもいがちな歯でも

前歯の虫歯も早めの治療により1回で治すことが出来ました!

実はこんな虫歯があります!ますだ歯科へご相談くださいね。

根しか残っていない歯も・・・。

根だけの歯でも
かぶせを入れる為に金属製の土台を立てます
差し歯で元の形に復元できます。

ますだ歯科へご相談くださいね。

患者様に最善の治療を行うための最新機器『ダイアグノデント』導入!!

ますだ歯科では虫歯の深さをレーザー光を当て計る機器を使用し、正確な診断をしております。
見つけるのが困難な奥歯の溝の部分や歯と歯の間の虫歯、また判断しにくい歯質変化を早期の段階で発見することを可能にしました。
ダイアグノデントの使用により、無駄に歯質を削ることなく、適切な精査・診断がより可能になりました。
ダイアグノデントの数値とお口全体の状況を総合的に診査し治療法を決定します。

こんな黒ずんでいるだけとおもいがちな歯でも

前歯の虫歯も早めの治療により1回で治すことが出来ました!

実はこんな虫歯があります!ますだ歯科へご相談くださいね。

こんな方に最適

  • 歯の溝が黒くなっている
  • 穴が開いていない歯がしみる、痛い
  • 歯の表面が溶けかかっている
  • 歯と歯の間が良く詰まるようになった
  • 虫歯があるか気になる

詳しくは大阪堺市なかもずのますだ歯科へお問い合わせください。

治療の流れ

  1. 1.レントゲン・口腔内カメラ等による診査
  2. 2.ダイアグノデントによる診査
  3. 3.精査・診断
  4. 4.観察・予防処置・虫歯治療
  5. 5.再度の測定・経過観察・詰め物

虫歯治療

痛みがないから虫歯はないという訳ではありません。痛みがなくても進行していきます。
痛みがない歯に治療する方法として…

保険内治療

コンポレットレジン充填



コンポレットレジン充填(白いつめもの)

インレー



インレー(銀の詰めもの)

クラウン



クラウン

ラミネートベニア



ラミネートベニア

保険外治療

ハイブリットインレー(比較的安価で綺麗な詰め物)
セラミックインレー(もっとも美しく自然な詰め物)
ゴールドインレー(歯に優しい詰め物)                      その他、インレーについてはこちら

インレー

治療方法と期間



1 根管治療
      神経を取り、歯の根っこの清掃、消毒をします。
      これは、1回だけでは終わらず平均4回ほど治療回数がかかります。
      ※しっかりと治療をする事がとても大切です。


2 根管充填
      清掃、消毒された根っこの中に神経の代わりとなるお薬を詰めて歯の機能を維持させます。

3 コア(土台)、クラウン(かぶせ)装着
      今の状態では残りの歯が少ないのでまず、土台を入れていきます。
      土台を入れた後、かぶせを入れて治療が終わります。治療回数は4回ほどかかります。

   →コアの種類
      保険内
      メタルコア(銀の土台)
      レジンコア(白の土台)


●保険適用外
ファイバーコア(歯と同じようなかたさの素材、非常に美しく歯根が割れにくい)
ゴールドコア(金の土台、耐久性が高く腐食しません)
※神経をとる処置を行う場合の治療期間は2~3ヶ月かかります。
→その他、コアについての詳細はこちら
       コア




虫歯を放置すると・・・

さらに菌が進行し、歯を抜かないといけなくなります。
右の写真は根っこだけの状態です。この状態では歯を残すことが出来ませんので
抜歯します。歯を抜いたままにすると、隣の歯が倒れてきたり、上の歯が
伸びてきたりします。抜いたところを補うためにブリッジ(つながったかぶせ)や
部分入れ歯を作ります。保険外の治療だと、インプラント治療や金具を使わない
入れ歯をお作りすることもできます。

虫歯ってどんな風に進行するの!?

冷たいものや甘いものが歯にしみるようになって、初めて虫歯に気づく・・・
痛みが出たら、虫歯になっている、と思っている人も多いのではないでしょうか?

虫歯に原因には唾液と細菌が大きく関わっています。
本来、唾液が歯の表面に触れていると虫歯はできません。なぜなら唾液には清浄作用があり、口の中の細菌や食べ物のカスを洗い流してくれるからです。

ところが、虫歯のきっかけになる細菌(ミュータンス菌)が口の中にいると、飲食物から糖分というエサを得て、「バイオフィルム」というネバネバした膜のようなものを歯の表面につくります。
これが出来ると、唾液による清浄作用が効かなくなり、細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

さらにこの「バイオフィルム」が育つと、歯の表面にあるエナメル質や像牙質を溶かし、虫歯がどんどん進行してしまいます。

虫歯は初期階では自覚症状がほとんどありません。
痛みがでてから歯科医院を訪ね、悪いところ削って詰めたりかぶせたりする方が多いですが、お口の健康を保つために虫歯は削る前に防ぎましょう!!

自分の歯で一生元気に食べれるように、ますだ歯科では定期検診を受けていただくことをおすすめしています。

ますだ歯科での定期検診の内容

ますだ歯科 口腔ケアプラン(歯のエステ)

  1. スケーリング(歯垢除去)
  2. PMTC(歯面清掃)
  3. エアーフロー(着色除去)

大阪府堺市ますだ歯科では治療が終了した患者様に定期健診をおすすめしています。
一生共に歯をずっと使い続けられる様、スタッフ一同責任を持って管理させていただきます。

ドックスベストセメント(保険適用外)

ドックスベストセメント

虫歯の進行が深いケースでは、虫歯をすべて取り除くと歯の神経が出てしまう場合があります。
このセメントを使用することで、歯の神経を極力残すことが可能です。
治療方法としては、まず虫歯の大部分を取り除き、健康な歯質に近い部分だけを残します。
そこにドックスベストセメントを詰めることで、薬効により虫歯菌を殺菌します。
虫歯を取る範囲を小さく収めることで歯の神経までの距離ができるため神経を取る治療になることを防げます。
また神経に近い部分を削ることがないので、痛みなく治療することが可能です。
ただし、既に持続した痛みがある場合や、神経まで細菌が感染している場合は使用できません。

虫歯の断面図

虫歯の断面図

虫歯の原因菌には象牙質が侵食されています。
突起すべき点は象牙質を構成する象牙細管に細菌が侵食してきているということです。

従来の虫歯治療

従来の虫歯治療

虫歯菌に冒されて変色した部分をドリルで削り、樹脂等でフタをしますが、 象牙細管深くに侵食した細菌が増殖して虫歯再発のリスクが残ります。
もちろん、歯髄炎を伴う場合は抜歯で神経を抜く必要があります。
神経を抜くと、栄養が行き届かず、歯がもろくなったり変色したりする大きなリスクがあります。

ドックスベストセメントを使用した治療

ドックスベストセメントを使用した治療

虫歯菌に冒されて変色した部分を削らず、ドックベストセメントでフタをします。
永続的な薬効があるため、徹底的に象牙細管に潜む細菌や、神経に達した細菌も浸透殺菌します。
詰める際にどうしても残ってしまう隙間などは歯の自己回復力で元に戻ります。

知覚過敏

  • 冷たい水を口にした時、歯にしみる。
  • 歯ブラシが歯に触れた時、歯にしみる。
  • 冷たい風が歯にあたった時、瞬間的に歯がしみる。

⇒これは知覚過敏かもしれません!!

何故、歯がしみるのでしょうか?!

歯周病などによって歯茎が退縮し、象牙質が露出すること・象牙細管を通じて刺激が歯髄神経に伝わり不快感や痛みを生じます。このような症状を「知覚過敏」と言います。

放っておいてはダメですよ!

「知覚過敏」を放っておくと、歯がしみるので歯みがきが不十分になります。不十分になると汚れがたまり、虫歯や歯周病になる可能性がありあます。
歯がしみると思ったらお早めに受診していただくことをおすすめします。

どんな治療をするの?

まず初めに、しみ止めの薬を塗布します。軽い場合ですと、
何回か塗り重ねていけば歯はしみなくなります。

金属アレルギー

日常私たちは気づかないうちに多くの金属に触れています。
装飾品や家庭用品に使われているのと同じように、医療の中でも歯科治療は金属をなくしては行えないものです。
口腔内症状、全身症状として直接金属に接していないところにまでアレルギー症状がでる場合もあります。

アレルギーを起こしやすい5大アレルゲン(原因金属)としては、Hg(水銀)、Ni(ニッケル)、Co(コバルト)、Cr(クロム)、Sn(スズ)が挙げられます。
歯科アレルギー治療では、その原因を探すためにパッチテストや血液検査を行った上で、かぶせや、つめ物に原因金属を含まない金属を使用します。
そのためにますだ歯科では信頼できる技工所(確実に品質保証された材料で加工し、不純物や他の金属が混入しないように充分注意した上で技工を行っている技工所)に製作依頼をしています。最近では金属を全く使わず、オールセラミックのかぶせや土台を用いることが多くなってきました。

詳しくは大阪府堺市なかもずのますだ歯科へお問い合わせください。

初期虫歯について

虫歯で黒くなっている(こげ茶で軟らかくなっているところ)部分のみを丁寧に削除して、白いつめもの(プラスチックの堅いもの)をその場で詰めて元の形に戻します。
昔は、虫歯治療といえばほとんどが金属のつめものになっておりましたが現在はちいさいのはもちろん、ある程度の大きさの虫歯は白いつめもので対処できます。

利点

  1. 1回で治療が終わる(金属の詰め物の場合2~3回)
  2. 見た目に治したのがわかりにくい
  3. 金属アレルギーの心配がない

欠点

  1. 大きな虫歯には対応できない(割れてしまう)
  2. 噛む力に耐えられないことがある → 金属の詰め物に置き換える
  3. 年数が経つと色が変わってくる

    費用は1,000円~1,500円程度です。

大きい虫歯について

白い詰め物で対応できない大きさの虫歯については金属の詰め物になります。

手順

  1. 虫歯を取り除く
  2. 型を作る(土台を足す)
  3. 型を取る・・・型取りする際ピンク色の粘土のようなものを用いますよね。
           あれは海藻でできていますので、飲み込んだりしても体に害はないですので大丈夫ですヨ。
  4. 次の来院日に詰め物Set

元々痛みがない歯については、ほとんどの場合2回で治療が終わります。
ただ神経近くまで虫歯が進行している場合、そのままつめると冷たい刺激でしみる場合もでてきますので、液体の薬剤を塗布したり、固形の薬剤を神経に近いところに一層敷いたりして、刺激を遮断するような処置をします。
家でいうと壁にかわりになる土台をつくり、金属が入るよう型取りします。
1本が総額で34数百円程度でしょうか。

詳しくは大阪府堺市なかもずのますだ歯科へお問い合わせください。

痛い歯・しみる歯について

大きく穴があいてたり、冷たいものや温かいものがしみる場合知覚過敏でなければほとんどが神経にまで到達している虫歯です。
その際、神経を取らないと治らないことが多いです。
最近3MIX-MP法(R)という歯を守るための治療法(後で説明します)が発表されまして、ますだ歯科でもおかげで何十本もの歯が神経を取らずにすんでおりますが、用途が限られており万能ではありません。
神経を取ると、その歯自体は知覚がなくなりますので、しみたりすることがなくなります。
ただ、神経をとった日から数日は麻酔注射の影響や術後の炎症などで痛むことがありますが、日増しに良くなってきますので心配ございません。
神経を取った後は歯の中をきれいに掃除と消毒をして、固形の薬剤を詰めて元の形に戻していきます。

詳しくは大阪府堺市なかもずのますだ歯科へお問い合わせください。

ナイトガードの体験談(院長自身による)

私自身、奥歯の噛み合わせが低いのと、疲れが溜まり就寝時に歯ぎしりをする事が時折あり、以前より顎の痛みに悩む時期がありました。
以前は毎晩装着しておりましたが、最近は仕事で遅くなった日やお酒を沢山飲んだ日は必ず装着して就寝するようにしております。

詳しくは大阪堺市なかもずのますだ歯科へお問い合わせください。

理由は・・・

  1. 夜遅くまで飲むことにより睡眠時間が短い
  2. 朝起きれるか心配になるため、不安な気持ちで床につく
  3. アルコールを摂取しているため、眠りが浅い

   以上により、顎の筋肉が過緊張状態もしくは顎の位置が不安定になり、朝起床時に顎のまわりかの筋肉が
   だるく感じたり、歯が浮いた感じになったりします。

それらを防ぐためにナイトガード(マウスピース)を装着しています。最近はその効果で、以前より痛みを感じなくなりました。

詳しくは大阪府堺市なかもずのますだ歯科へお問い合わせください。