歯を失った時の治療法と比較

治療法 メリット デメリット
インプラント
歯を失った部分に
チタン製の人工歯根を埋めて、その上に
人工の歯をかぶせる治療法。
●自立している周りの健康な歯にダメージを与えることがない。
●しっかり固定されるため違和感がなく、天然歯に近い感覚を得られる。
●治療費が高い。
●外科手術が必要
●治療期間も長い。
ブリッジ
抜けた歯の両側の歯を削り、3本以上で連結させたかぶせ物をセメントで固定する方法。 ●しっかり固定され、違和感が少ない。
●噛む力は、ほぼ変わらない。
●隣接した歯を2本以上削らなければならない。
●足りない歯の分の咬合力を他の歯が補う為、大きく負担がかかる。
部分入れ歯
抜けた歯の両端の歯に留め金などを掛けて固定させる取り外し式の入れ歯。 ●歯をたくさん削らなくて済む。
●ほとんどの症例に適応できる。
●取り外し式で清掃しやすい
●外れやすく、慣れるまでに違和感がある。
●噛む力が弱くなる。
●留め金を掛ける歯に負担が掛かる。