多くの方が歯科医院に対して「痛い」「怖い」というイメージを抱いてるのではないでしょうか?そのような「痛い」「怖い」思いをせず安心して治療を受けて頂くために様々な医療機器を用いて少しでも痛みを抑えた治療で患者様がリラックスして頂けるように努めてます。

麻酔の注射時には通常2種類の痛みがあります。

「麻酔の針が粘膜に刺さるチクッとした痛み」とその後「麻酔液が入ってくる時の圧迫される痛み」です。
ますだ歯科では少しでも痛みを抑えた治療を行います。

痛くない治療へ ~できるだけ痛みがないように~

チクッとした痛みを軽減するために

ハリケインゲル

針を刺す歯ぐきの表面にゼリー状の表面麻酔薬(バナナ匂)を塗って痛みを和らげます

ペンレス

歯茎の表面に貼るシール式の表面麻酔です

注射針33G

麻酔で使用する針は太いと痛みやすく、反対に細くなればなるほど痛みはおこりにくくなります
33G(0.26mm)という最極細のものを使用しております

麻酔液が入ってくるじわじわした圧迫される痛みを軽減するための工夫

カートリッジウォーマー

麻酔液が体温より冷たかったり温かいと液が入ってきた時痛みにつながってしまいます。
できるだけ痛みがでないように麻酔液を37°Cに温めております。

電動注射器

麻酔液が急に体内に入ってきたり、不規則な圧で入ってくると痛みを感じてしまいます。
コンピューター制御の電動注射器でゆっくりと少量の麻酔を少しずつ入れていくことで痛みを軽減させてます。

また恐怖心や緊張から過敏になり痛みが感じやすくなる事もありますので、
少しでも安心して治療をうけてもらえるように十分な説明と、コミュニケーションを大切にし、
少しでもリラックスしてもらえるようにクッション性の高いチェアーの導入しております。

お子供様へは・・・
歯科に慣れてもらうためにいきなり治療は致しません。
歯医者で使う道具や機械など実際触ってもらい慣れて頂いてから治療を開始します。