ドックスベストセメント

虫歯の進行が深いケースでは、虫歯をすべて取り除くと歯の神経が出てしまう場合があります。
このセメントを使用することで、歯の神経を極力残すことが可能です。
治療方法としては、まず虫歯の大部分を取り除き、健康な歯質に近い部分だけを残します。
そこにドックスベストセメントを詰めることで、薬効により虫歯菌を殺菌します。
虫歯を取る範囲を小さく収めることで歯の神経までの距離ができるため神経を取る治療になることを防げます。
また神経に近い部分を削ることがないので、痛みなく治療することが可能です。
ただし、既に持続した痛みがある場合や、神経まで細菌が感染している場合は使用できません。

虫歯の断面図

虫歯の原因菌には象牙質が侵食されています。
突起すべき点は象牙質を構成する象牙細管に細菌が侵食してきているということです。

従来の虫歯治療

虫歯菌に冒されて変色した部分をドリルで削り、樹脂等でフタをしますが、 象牙細管深くに侵食した細菌が増殖して虫歯再発のリスクが残ります。
もちろん、歯髄炎を伴う場合は抜歯で神経を抜く必要があります。
神経を抜くと、栄養が行き届かず、歯がもろくなったり変色したりする大きなリスクがあります。

ドックスベストセメントを使用した治療

虫歯菌に冒されて変色した部分を削らず、ドックベストセメントでフタをします。
永続的な薬効があるため、徹底的に象牙細管に潜む細菌や、神経に達した細菌も浸透殺菌します。
詰める際にどうしても残ってしまう隙間などは歯の自己回復力で元に戻ります。