被せ 冠 クラウン

(保険適用)フルメタルクラウン

フルメタルクラウン
冠全体が銀歯で出来ている、いわゆる「銀歯」です。
金属なので強度がつよく、強い力がかかる部位でも使用できます。保険適応なので安価ですが、見た目はよくありません。
時間がたつと金属がさびて溶け出し、歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどを引き起こす可能性があります。

(前歯のみ保険適用)前装冠

前装冠
前装冠
金属に唇・頬に当たる面だけ白い樹脂を焼き付けたかぶせです。
左右の前から3本目の歯(犬歯)までは保険を適用して白く見せることができますが、 吸水性のある樹脂を焼き付けたものですので、経年で変色します。
また、樹脂の硬度が低いため白い部分が欠けてしまうことも少なくありません。

セラミッククラウン

セラミッククラウン
セラミッククラウン
全体が金属で作られたかぶせです。
金属製で硬いため耐久性がありますが、全体が金属色なので目立ちます。
また、金属アレルギーを発症する可能性があります。

フルカバーセラミック

フルカバーセラミック
金属にセラミックを焼きつけたもので、裏も金属が見えないタイプです。
色が白く目立たないうえ、金属アレルギーになりません。
清潔感が高く、プララークがつきにくいのも特徴の一つです。

ゴールドタイプセラミック

ゴールドタイプセラミック
内面の金属部分がゴールドで、その上にセラミックを貼りつけたものです。
耐久性があり、2次虫歯になる可能性が低いです。
金属アレルギーにもなりにくいです。

オールセラミック

オールセラミック
100%セラミックを使ったものです。
美しさナンバー1。グラデーションのきれいな白色で自然な透明感をもちます。
ほとんど変色せず磨耗にも強いうえ、金属アレルギーにもなりません。
清潔感が高く、プララークがつきにくいのも特徴の一つです。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック
ジルコニアセラミック
セラミックの内側にジルコニア(人工ダイアモンド)を使用したかぶせです。
光の透過が良く、オールセラミックよりも強度のあるかぶせです。
内側にセラミックより硬い材質のジルコニアを使用することで、3歯以上の連結で欠損した1歯を補うようなかぶせ(ブリッジ)にした場合にも使用できます。

オールセラミッククラウン(新しい白いかぶせ)装着の流れ

術前 虫歯で色が変色してしまってます。
術前
術前
虫歯になると、歯質は黒ずみ変色します。虫歯がかなり進行していますので、歯根を残してほとんど削ります。
治療中 歯質を削り、ファイバーコアを装着します。
治療中
治療中
削ったところにグラスファイバー製のしん棒(ファイバーコア)を、土台として装着します。
従来のしん棒(メタルコア)は、金属製でしたが、ファイバーコアは金属によるアレルギーの心配もなく、 硬度や色が歯に近く、人体にやさしい修復技術です。
術後 オールセラミッククラウンを装着します。
術後
術後
本物そっくりに作成した人工の歯を装着します。
材料はセラミックだけを用いており、金属は一切使用していません。
金属アレルギーの人にも最適で、歯肉が黒ずむことなく、透明感があるという点でもすぐれています。