電磁波過敏症について
ますだ歯科
電磁波過敏症とは、身の回りにある微弱な電磁波(携帯電話、パソコンなど)を浴びただけでも、頭痛や吐き気などを感じる症状。
最初に目、皮膚、神経に症状が現れ、次に呼吸困難や動悸、めまいや吐き気などの症状が現れる。
疲労感やうつを伴う頭痛や短期的な記憶喪失、手足のしびれやまひが起こる人もいる。
口腔内の補綴物が原因で発症することも多いといわれています。
私たちが普段保険診療のかぶせや詰め物に用いている金属に含まれる、パラジウムに原因があるようです。