8月23日火曜日、今日は夜八時から、5-D関西スタディーグループの勉強会でした。 夜はなかなか御予約が取れないのにもかかわらず、途中から抜けて申し訳ありません。 必ず、休んだ分以上の成果(良い医療)を得てきますので、宜しく御願いします。 まず今日の文献の内容は、骨がないところをリカバーする(骨補填)際に使う材料についてでした。 毎回、文献についてのディスカッションはとても勉強になります。たくさんの先生方の考えが聞け、非常に嬉しいです。 そしてインストラクターの先生お二人の発表は、入れ歯についてと、かみあわせについてでした。 とても素晴らしい内容で、私は聞いている間じゅう、口がポカんとあいたままでした。 開いた口がふさがらないくらい衝撃を受ける技術の高さと、その理論の確かさでした。 最近、ますだ歯科でも噛み合わせの不調や、歯ぎしり食いしばりで悩んでおられる方が非常に多いですが、 噛み合わせの大切さ、特に力のコントロールについて、 再確認や新しい気づきがあり本当に勉強になりました。 明日から早速日々の診療に生かします。皆様に良い医療が提供できるよう、もっともっと勉強します。 宜しく御願いします。 堺市北区なかもず駅前の歯科医院、ますだ歯科