1本の歯の重要性ー目は2つ、鼻は1つで、スペアはない。 一方、歯は全部で28本(親知らず)なので、1本ぐらい無くてもいいと思う人もいるかもしれないが、歯は1本なくなると相手を求めてくる。 隙間のあるところに向かって歯が倒れてきたり、下の歯がなくなると上の歯が下がってくる。歯は1本、1本で生活しているのではなく、上下左右で支え合いながら生きている。そこで歯がなくなってくると相手を求めるのである。 1本の歯をきちんと治すことが、いかに重要であることがわかると思う。 また、虫歯や歯周病を治すことはもちろん重要だが、さらに歯並びを矯正し、上顎の歯と下顎の歯を正常な機能で噛めるようにすることも同様に大切である。 よく噛めるようになることで、唾液の分泌も促し、唾液中に含まれる免疫物質を口の中に湿潤させることができ、全身また口の中の細菌コントロールに役立つのである。 歯の1本、1本を大切に考え、最終的に上顎と下顎のバランスのとれた噛み合わせがひつようであると思います。 (茂木伸夫先生著ー全身疾患における歯科治療の重要性より抜粋)