広島大学の菅井基之教授のグループは、虫歯菌だけを壊す酵素を発見したそうです。そしてこの酵素入りのガムや歯みがき粉の商品化を目指しているそうです。ミュータンス菌などの虫歯菌は、増殖時に自己の細胞の壁を酵素で溶かしてから分裂する。その酵素を発見し、抽出することに成功したそうです。この酵素は、虫歯菌だけを溶かすのがポイント。抗生物質では善玉菌も溶かしてしまうのが難点だったようです。 試験管内では虫歯菌を大幅に減らすことができたようで、早く実用化すればいいですね。 最近いろいろな文献や発表された資料をみて、何かいい治療法がないか、調べています。医療はどんどん進化しておりますので、皆さんにちゃんとしたエビデンスのある内容のみご紹介できるように致します。