歯科医院での疑問についてお答えします。 堺市北区なかもず駅前の歯医者、ますだ歯科より、歯を大事にし、健康に気を使っておられる皆様へ 今日は歯の治療法について、お答えします。 保険診療の白の詰め物について。 小さい虫歯で、一回で治ると診断した場合。 まずは虫歯の部分のみを削り取ります。 削る器具の中には虫歯の部分しか取れないもの(固い健康な歯の部分はけずれないようになっています)や、虫歯の部分のみ色が染まる液があり、染まった部分のみとっていけばよいので、非常に安心で、便利です。削りすぎがありません。 そして、へこんだところに白の樹脂の詰め物(プラスチックの固いようなもの)を詰め込み、光で固めます。 ((注意ー虫歯は何でもかんでも治療してよいわけではありません。 虫歯のできた場所と期間を見極め、今後進行が予想される場所で、患者様ご自身が進行をとめることのできない部位は治療の対象です。 詳しくはお近くの歯科医院の担当の歯科医師または、歯科衛生士までご相談ください)) 私は現在のところ、最良の治療法だと考えています。、口を開ける時間が少ない 、歯を削る量が少ない 、一回で終わる=通院回数が少ない 、費用(負担金)も少ない、歯の形態の変化が少ない、 少ないだらけ=良いことだらけ。 まさに、少ない浸襲で最大限の効果。 こんなに素晴らしいことはありませんね。 最高ですね。 幸せですね。 歯を守れるのです。 歯は財産です。 大事にしていきましょう。 まとめー再生不能(再石灰化が期待されない)の虫歯部分は早期治療しましょう。 堺市北区なかもず駅前の歯医者、ますだ歯科