今日、気になるコラムがありましたのでご紹介いたします。

『人生とは一生という時間の中で、どのようなことを経験し、どのようなことを周りの人や社会に提供してきたか、その集約だと思います。

それはすべて時間というリソースを使って行われています。だからこそ時間はとても大切なものだと考えています。』

私は数年前、上記に似た感じの文章を何かで読んではっと気づかされた瞬間がありました。

平均寿命から考えると、人間には80万時間程度の時間が与えられています。

そしてこの時間というものは増やすことできず、一度過ぎてしまえば決して取り戻すことができません。

時間は命の一部であり命のように大切に扱わなければならないと記述があり、まさにその通りで

それがきっかけでとても時間を大事に感じるようになりました。

それからです。テレビを見ることを一切辞めました。無意味な第4領域の事項と感じたことも辞めました。

あれだけ好きであったラーメンも辞めました。(これにはいろいろと理由があり(笑))

1.並ぶ時間が無駄。

2.性格上スープを全部飲み干すことで、おいしく作ってくれた方への感謝の気持ちを表すという私なりの流儀があり

それを続けるうちに急に「大丈夫か??」と感じるようになった

3.ラーメンを食べ続け肥満が進行しても誰も得をしない など)

ちょっと脱線しましたが、とにかく時間を自分のための娯楽や大した重要性のない趣味などに使うなら

スタッフとの時間や家族との時間、読書や診療の勉強に当てたいと本気で想いました。

今は毎日本当に充実しています。たまに飲みすぎて次の日の朝頭が痛くて時間の損をした!と後悔することもありますが

(飲んだことの後悔ではなくて、頭痛や体調不良で深く考えることが出来なくなることに対しての後悔です)

一日一日一分一秒をこれからも大切にし、毎日寝る前に

 

『今日は一日充実していた』