北京オリンピックバドミントン代表のユニフォームが発表されました。かの有名なオグシオがモデルで、でておりましたが、ユニフォームの素材の中になんとキシリトールが含まれているそうです。キシリトールを生地に入れることにより、服の中の温度が3度下がるそうです。すごいですね。確かにキシリトールのガムを噛むとすぅッとしますが、そんなところに使われるなんて意外ですね〓