ますだ歯科 公式サイト | 大阪・堺 なかもず駅前の歯科医院

大阪 泉北 堺市なかもずの歯科医院、また地域に愛される医院作りを目指しています
文字の大きさ:

古式ゆかしき日本の伝統

「歯固めの儀」

今日は先日お話していました歯固めの儀について触れてみたいと思います。

どうしてお正月に?とお思いの方も多いと思います。

実は、「歯固め」の儀式は

お正月に関係する儀式とお正月に関係のない儀式とのふたつがあるんです。

 

  一つは「お食い初め」の儀式で、赤ちゃんが生まれて100日目のお祝い

  (百日祝)に行います。

  こちらは、赤ちゃんのお食い初め用のお膳に、

  ご近所の氏神樣の境内から借りてきた小石をのせます。

  「丈夫な歯が生えますように、食べ物に困りませんように」

  と願いをこめて行う儀式で、

  この石を「歯固めの石」といっています。

 

 

 

 

   もうひとつの「歯固めの儀」は平安時代のお正月行事です。

   歯は年齢の意味があり、カタイものを食べて歯を丈夫にし、

   長寿を願う儀式の事です。

 

 

 

  今ではその名残として茶道の初釜の時にごぼうの入った

  「花びら餅」をいただきます。

 

 

 

歯固めの儀 行事食の期間

1月1日から3日まで の期間に、長寿を願いカタイものを食べます。

鏡餅、大根、瓜、押鮎、勝栗、猪肉、鹿肉、雉肉、焼鳥など…

特にお正月にお供えした鏡餅には神秘の力が宿るとされています。

鏡餅に関しては鏡開きのコーナーでご紹介したいと思います。

 

ちなみに天皇陛下が食されるのはコチラ

蘿蔔味醤漬瓜、糟漬瓜、鹿宍、猪宍、押鮎、二塩鮎です。

 

歯固めの意味

歯は齢を表しています。齢を固めて新たに生まれ変わるという意味があり、

この時期に硬いものを食べて歯を固め、長寿を願うものです。

 

  論語に「没歯」という言葉があります。

  この言葉は生命が終わる、寿命が尽きるという意味を表しているように、

  齢には長寿への願望が込められていて、歯のなくなるころに寿命が尽きるという、

  日本でも諦めに似た思いがあったそうです。

  ギリシャのソクラテスはこう説いたそうです。

 「長寿者はたくさんの歯を持つ、すなわち健康者は歯が丈夫で老年になるまで保存される」

  先人はとくに、歯は人生において重要な役割を占めると考えていた証です。

 

 

 

ますだ歯科でも8020運動を進めています。

健康な歯は豊かな人生にとても大切な要素の一つです。

 

今は失った歯を取り戻すための新しい入れ歯「ミラクルデンチャー」があります。

しっかりと装着でき、中にものがはさまりにくく、また目立たず…

歯を失ってしまっても第3の歯を手に入れられる時代ですが、

できれば自分の歯はいつまでも、少しでも長く保ちたいもの。

神経を抜かない治療も歯の寿命を延ばすための素晴らしい治療法です。

 

気になることがありましたら、お気軽にますだ歯科へご相談下さい。

 

 

※ ますだ歯科、なかもずデンタルスタジオは本日午後より年末年始のお休みをいただきます。

  本日12時まで診療を受け付けております。尚、年始の診療は6日より通常通り診療を行います。

 

 

 

夜8時まで診療の大阪・堺  泉北の歯医者さん「ますだ歯科」

痛くない麻酔が嬉しい、保育士が常駐しているのでママの治療も安心です♪

 

大阪市営地下鉄 御堂筋線「中百舌鳥駅」より徒歩1分!! 南海高野線、泉北高速鉄道「なかもず駅」より徒歩1分!!

ご予約、お問い合わせはコチラまで

 

072-240-0418 ますだ歯科

HPはこちらです☆ http://dc-masuda.com/

 

 

 

 

 

 

「正月飾り」飾る期間 鏡餅の意味

ちょっと雑学タイム♪

 

お正月のお楽しみといえば…やっぱり鏡餅!!

今日の雑学タイムは、鏡餅に焦点をあわせてみました。

 

「鏡餅」飾る期間

 

一般的には大掃除を済ませたあと、12/27か28までに飾ります。

30や31は一夜飾りとして忌み嫌われると同時に神様に対して例を欠きます。

忌み嫌われる理由は、葬儀の時の飾りが一夜飾りだからです。

 

鏡餅の片づけは1/11に決まっています。この11日には鏡開きと呼ばれ風習化しています。

武家の風習からきていますが、こちらは鏡開きのことろでご紹介しますね。

 

「鏡餅」

 

   鏡餅は神仏にささげるものとも、神様と人をつなぐものともいわれています。

   1年間の幸せを願う「晴れの日」に神前に捧げた餅をみんなで分け合って食べることで

   神様からの祝福を受けようとする文化から来ています。

 

   大きさや数など地方によって異なるのも面白い☆彡

   お餅は心臓をかたどったともされています。

 

 

お餅の形の丸さが昔の鏡(銅鏡)に似ていることから「鏡餅」と名付けられたといわれています。

他にも、鏡は「鑑みる」良い手本や模範に照らし合わせて考えるという意味の言葉にあやかって

「かんがみもち」から変化したという説もあったりします

 

ちなみに鏡は、魂を象徴する神器「八咫鏡」を見立ててという説があり、鏡には神様が宿るという言い伝えもあります。

 

飾り方

 

   三方と呼ばれる木の台座の上に、四方紅という紙を敷き、その上に譲葉を2本備えて、

   大小のお餅を二つのせます。お餅の上に紅白のしめ飾り「御幣ごへい」をのせ、葉のついた橙を…

   末広(扇)や腰が曲がるまで長生きできますようにと海老を飾ることも。

 

   ※三方は三宝と表記される地方もあり、神事に使われています。

 

 

それぞれの意味

 

御幣、四手は四方に反映するように、赤と白を使うのは魔よけの意味も有るそうです。

四方紅は赤い縁取りが天地四方を守り、1年の繁栄を願って…

 

  お餅の丸(陽の気)と四方紅の四角(陰の気)をのせることで

  場の気を「中庸」にするためといわれています。

  お餅を2つ重ねるのは、円満に年を重ねるという意味を持ちます。

  大小の餅は陽の太陽と陰の月を表し福徳重なるという意味もあるそうです。

 

橙は実が大きくなっても実が落ちません。そこから「代々大きくなっても落ちない」という祈りが込められています。

武家の風習ですね…八尺瓊匂玉に見立てたものとも言われています。

 

譲葉はその性質から、新しい葉は、どんどん大きくなり古い葉から落ちていきます。

「家系の中で若い人が成長し、年長者より先に亡くなりませんように」という願いが込められています。

 

裏白も譲葉と同じ意味で使われます。

左右対称に飾ることにより、夫婦の相性がぴったりになりますようにとの意味も込められています。

 

  串柿には名前がよいとされています「善い事がやってくる」を

  漢字をかえ、「嘉来」とかくことも。

  その嘉来が串で刺したように集まるという意味で串柿にしてお供えする地方があります。

  また、天叢雲剣に見立ててという説もあります♪

 

 

面白い!地方によってかわる鏡餅

 

もちのかわりに砂糖でかたどったもの

 

 

   片方が紅く着色して縁起が良いとされる紅白にしたもの

 

 

 

 

 

細長くのばして渦巻き状にまるめ、神の使いである白蛇に見立て、

とぐろを巻いたようにしたもの

 

 

 

鏡餅は特に いろいろな意味があるので、今日はこれくらいに…

 

明日は、鏡もちから派生して「歯固めの儀」をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

夜8時まで診療の大阪・堺  泉北の歯医者さん「ますだ歯科」

痛くない麻酔が嬉しい、保育士が常駐しているのでママの治療も安心です♪

 

大阪市営地下鉄 御堂筋線「中百舌鳥駅」より徒歩1分!! 南海高野線、泉北高速鉄道「なかもず駅」より徒歩1分!!

ご予約、お問い合わせはコチラまで

 

072-240-0418 ますだ歯科

HPはこちらです☆ http://dc-masuda.com/

 

 

「正月飾り」飾る時期 門松としめ縄の意味

ちょっと雑学タイム♪

 

もうすぐお正月ですよね。

お正月を迎え、様々な飾りを用意し飾る時期になりました。

今日の雑学タイムは、様々な飾りの意味をご紹介したいと思います。

 

「正月飾り」飾り始める時期

 

お店などは業種によって商戦として12/13~30までに飾ったりしますが、

一般的には大掃除を済ませたあと、

12/26~28、30までに飾るのが良いとされています。

 

ただし、29日の9は「苦」に通じるものとして「苦労する」「苦しむ」など

縁起が悪いとされているためこの日に飾るのは避けます。

また、31日に飾るのも「一夜飾り」といわれ、新年においでいただく年神様に対し、

礼に欠ける行為とされ避けています。

お正月は日本では旧暦で考えられることが多いので

12/30日は旧暦で言うと大晦日(31日)に当たります。ですので28日までに飾るのが本体の飾り方に忠実です☆彡

 

「門松」

 

   年神さまが宿るための依代(ヨリシロ)だといわれています。

   年神様が降りてくるための大切な目印にもなっています。

   神様をお迎えするためにお正月に必要な飾り、それが「門松」なんです☆彡

 

   玄関前に雄松と雌松を左右一対にして並べます。

   古くから松は神の宿る木とされており、さらに縁起の良い竹や梅がそえられるように…

 

門松を飾っておく期間は年神様がいらっしゃる期間となるので、この期間を「松の内」といいます。(一般的には1/7日まで)

年始のあいさつや年賀状のやりとり、初詣をするのも松の内の間にといわれています。

 

この風習は中国が起源とされていて、日本では平安時代より確認されています。

 門松を飾るの縁起を担ぐためでもありますが、飾り方や場所は地方によってさまざま…

 今はサイズや対にこだわらない方がほとんどです。

 

ちなみに飾りに使われる材料も地方によって変わります

松を使わず、楢(なら)、椿、朴(ほお)栗、柳、樒(しきみ)など…

 

常緑樹である松は「永久」のシンボル、待つとかけて願いを込める意味もあります。

柳は邪気を払うとされています。

 

注連縄(しめなわ)、「注連飾り」

 

    お正月に飾るものといえば、他にも「注連縄(しめなわ)」を思い浮かべる方も多いと思います。

    しめ縄は、神聖な場所との境界を区別するために使用します。

    なので、各戸口、水道、かまどなど…年神様をお迎えする神聖な場所という意味で飾ったり張ったりしました。

 

    しめ縄飾り(わ飾り)を置くことは、

    家の中に悪霊や穢れが入らないようにし、1年間の無病息災や家内安全を願うためです。

 

橙の実には薬効があり、また「代々」とかけて子孫繁栄を願う縁起物です。

藁には豊作への願い、紙垂には魔除けの意味(神域だと魔物に警告する効果)、

 

譲葉「代々譲る」と橙のセットで子どもたちが育っていき、家督を譲れるようにという意味になります。

 

裏白には裏まで白い事から「心まで白い、誠実、清廉潔白である」ということを象徴し、神様に自己申告するということです。

 

    明日は、鏡もちなどをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

夜8時まで診療の大阪・堺  泉北の歯医者さん「ますだ歯科」

痛くない麻酔が嬉しい、保育士が常駐しているのでママの治療も安心です♪

 

大阪市営地下鉄 御堂筋線「中百舌鳥駅」より徒歩1分!! 南海高野線、泉北高速鉄道「なかもず駅」より徒歩1分!!

ご予約、お問い合わせはコチラまで

 

072-240-0418 ますだ歯科

HPはこちらです☆ http://dc-masuda.com/

 

 

ちょこっと雑学♪

ますだ歯科では、院内で様々なセミナーを行っております。

歯科に関係するセミナーはもちろん、その他患者様に失礼のないよう接遇のセミナーも受けております。

 

他に自主的に行っているものに全体ミーティングや各職種ごとのミーティング

Drミーティング、症例検討会、お昼休みの勉強会、週一回のマナー講座など…

 

なにか歯科に関係するものだけでなく、いろいろなことについて共有できればと思い

院内ブログをスタートすることにしました。

 

このブログでは、その時どきにあった何かを発信していこうと思います。

これといってテーマはありませんが、よろしければおつきあいをお願いします。