麻酔の痛みは昔ほど痛みが少なくなっておりますのでご安心ください。

①まず表面麻酔を塗ります。
歯茎の表面0.2~0.3ミリ程度ですが2,3分置くとじんわりしてきます。

②電動注射器を用います。
昔、麻酔が痛かったのは注射液を『ググ~』と圧力をかけて注射をするの原因であったので、現在は電動注射器で一定のスピード・圧力でゆっくり時間をかけて歯茎に注射していきます。

【痛みが少ないポイント!】
(1)注射の液を体温程度に温めます。
(2)1本を3,4回に分けて入れます。
(3)33ゲージ(子供用の短く細い針)を用います。